aphanisis

日々のメモ

悟られぬこそ浮世なれ

 

今は昔の語り草、

あら恥ずかしの我が心、一度まみえし女さえ、

迷いの道の関越えて、 今また爰に越えかぬる、

人目の関のやるせなや、

あゝ悟られぬこそ浮世なれ –––– 『勧進帳

 


                f:id:s-f-d-dali:20180407171927j:plain