aphanisis

日々のメモ

最初の白い星がひとつ最も高い


尾崎喜八の詩から(作曲:多田武彦) 関西学院グリークラブ 指揮:北村協一

 

 

アタシはいま屋根の上で春宵の流星群を求めているのだが、聴いていた音楽、特に一曲目の詩にひどくやられてしまった。

 

いま 野には
大きな竪琴のような夕暮が懸かる。
厳粛に切られた畝から畝へ霜がむすび、
風の長い琶音がはしり、
最初の白い星がひとつ
もっとも高い鍵を打つ。
冬は古代のようにひろびろと枯れ、
春はまだ遥かだが
予感はすでに天地の間にゆらめいている。

 

わたしはこの暮れゆく晩い土をふんで
わたしの手から種子を播く、
夕日のようにみなぎって
信頼のために重い種子を。
それは沈む、
深く仕えるもののように、
地底の夜々を変貌して
おもむろに遠い黎明をあかるむために。

 

きよらかな、澄んだ凝縮が感じられる。
ただ周囲の蒼然たる沈黙のなかで
わたしの心が敬虔な讃歌だ。
そしてもう聴いている、
とりいれの野が祭りのような、
燃える正午が翡翠いろの
海のような六月を……

 

冬野 –––– 尾崎喜八 『花咲ける孤独』

 

                                   f:id:s-f-d-dali:20180423004552j:plain