aphanisis

日々のメモ

『日本狂詩曲』の名盤 –––– その1

 この半年ほど伊福部昭の音楽を聴きまくっているのだが、もし「伊福部昭の名作を3点選べ」と言われたならば、現時点では『日本狂詩曲』(1935)、『郢曲 鬢多々良』(1973)、『ピアノと管弦楽のための「リトミカ ・オスティナータ』(1961)を選ぶ。

 

では、「それぞれの作品の名盤は何か」と訊かれたらどうだろう。

 

『日本狂詩曲』は極めて演奏に恵まれている作品のため、録音がかなり多い。しかもこの作品、豪華な編成なので録音・演奏ごとに聴こえる音や作品の雰囲気が全然違う。「え、こんな音流れてたっけ」、「あの録音ではこうなってたころがこの録音ではこうなってる」的な状況が頻繁に起こる。『日本狂詩曲』は(アタクシのなかでは)聴き比べがすこぶる楽しめる作品であり、名盤をいくつも挙げられる自信がある。

 

しかし、残る2作ではちょっと話が違う。  

 

まず、『郢曲 鬢多々良』の場合(アタクシが知る限りでは)。CD録音は1つしかない。田村卓男 / 日本音楽集団に」よる。この作品めちゃくちゃ面白い。雅楽を例外とした和楽器オーケストラってこれくらいなんじゃないかな。長唄とかはあくまで歌舞伎や舞踊とセットのものだし。弟子の三木が伊福部昭の作品で最も素晴らしいのはこの『郢曲 鬢多々良』だと言っていたらしい。

 

 

「鬢多々良」/伊福部昭作品集

「鬢多々良」/伊福部昭作品集

 

 


伊福部昭『郢曲「鬢多々良」』

 

  

で、『ピアノと管弦楽のための「リトミカ ・オスティナータ」』だが、この作品はそこそこ演奏はされているけれど、じゃあその質はどうかといえば殆どビミョーと感じてしまう。若杉弘 / 小林仁 / 読売日本交響楽団を除いて(あくまでアタクシの独断と偏見だが)。もう後にも先にもこの録音を超える録音は出ないんじゃないだろうか。アタクシが聴いた伊福部昭管弦楽による純作品は本作であり、伊福部昭の作品を調べる契機の存在にもなった(いずれブログ記事にしたい)。まだ熟成しきってない感じもするけれど、オーケストラの使い方、作品構造(拍子及び音階への配慮。オスティナートの多様など)が見事だと思う。伊福部作品おしては珍しく、わりかし一般受けしなさそうなのもいい。

 

f:id:s-f-d-dali:20180515235859j:plain

 

現代日本の音楽名盤選5 伊福部昭・小山清茂・外山雄三 (MEG-CD)

現代日本の音楽名盤選5 伊福部昭・小山清茂・外山雄三 (MEG-CD)

 

 


Akira Ifukube: Ritmica Ostinata per Pianoforte ed Orchestra

 

 

というわけで、次回に『日本狂詩曲』の名盤を紹介しようと思う。