aphanisis

日々のメモ

〈あなた〉へ

                             

 

               〈あなた〉へ

 

 

 

ここにあるすべての言葉、写真、映像、音楽は、〈あなた〉に贈られている。

 

 


Erwin Schulhoff: Sonata per violino solo (1927)

                       ( 飽きるまで)

 

 

                                             Ⅰ

〈あなた〉とは言うまでもなく〈あなた〉のことです。いま、この転換子は、〈ブログ読者全員〉〈仮想の誰か〉〈無意味〉などを意味してはいない。〈あなた〉とは、僕が知っている個人であり、僕を知っている個人。大文字の他者ではなく、小文字の他者。漠然とした〈誰か〉ではなく、明白な〈あなた〉。

 

 

                                     Ⅱ

序文の再読。完了後、Ⅲへ。

 

 

                                     Ⅲ 

                                          海。

脳内の視覚記憶の貯蔵庫から過ぎ去った時間の映像が煌びやかに溢れ出す。偶さか〈あなた〉の映像も見ます。

内灘で蒼黒い波に手を浸したとき、太平洋に小さな両手をむける〈あなた〉の映像を脳内網膜でみた。

あのとき〈あなた〉は微笑んでたっけ。

 

f:id:s-f-d-dali:20180913022958j:plain

 

 

                                     

草野心平の海の詩を紹介したとき、「あんまりにもきれいなんでドキドキしてきた」と話してくれた。いまあの詩を再読しても〈あなた〉が「ドキドキ」するかはわからない。それでも、あれは僕にとって思い出の詩です。

この草野の詩にも〈あなた〉は「ドキドキ」するだろうか。

 

f:id:s-f-d-dali:20180913023141j:plain

 

 

                                     

 

                         冬     微     そ     稲     白

                                  笑     が     田     銀

                         な     む     な     に     の

                         つ              り     悶         

                         か     春      に     ゆ     

                         し     夏              る  

                         き     秋                                        

                                  

                                            

 

                                     

忌まわしい太陽の季節が古代のように枯れて土と大気に還ったころ、僕たちは海へ行く。

白い波折りに〈あなた〉はまた両手をむけて微笑むでしょうか。

あるいは、〈彼〉と僕と3人でヒステリー者みたいにけたたましく笑うでしょうか。

 

 

                                     

今日も今日とて僕は優しい夢を見ることができないと思う。だから、せめて〈あなた〉には優しい夢を見てもらいたい –––– ところで夢と海は似ている気がしてきた –––– 。

〈あなた〉が今夜、月の影も通さないほど深い場所まで沈むことができるよう祈っている。