aphanisis

日々のメモ。なお、記事はすべて真実

初恋

 

ワタクシの文を読むのが好きだと言ってくださる奇特な方がおられたので、更新します。こう言うからにはもちろん、更新するのはその方のためであって、序でに言えば奇特なのはその方だけで他のあんたらのことじゃないよ。あんたらはワタクシの拙い文を読むんじゃなくて、もっと別のちゃんとしたものを読んだほうがよい。ワタクシを励ます奇特な方はワタクシ同様なかなかのクズなのだ。ね、

 

 

–––––––– ぼくの初恋はたぶん中学2年のことだろうと思われます。

 

 

f:id:s-f-d-dali:20190316191033j:plain

 

アフロズィティ・ティス・ミル。ミロスのウェヌス

このウェヌスの石膏像こそ、ワタクシの初恋の相手なのである。

 

忘れもしない。秋の美術準備室。同輩の男がこのウェヌスの石膏像をモデルに素描をやっていた(なぜ美術準備室かといえば、我われ男どもは喧しい女を避け、また女に避けられていたためである)。

男はこれまでにも素描を幾度かやっていたけれど、ウェヌスをモデルにしたことはこのときが初めてであったと思う。

 

知らなかった、知らなかった。こんな艶やかな石膏像が、いや女が世界にいたなんて……(当時のワタクシは今以上に無知だったので、いわゆる『ミロヴィ』を知らなかった)。

 

ぬけるような美しきかんばせをもっているわけでもなければ、茶目た愛くるしさがあるわけでもないのに、すっかりワタクシは心を奪われてしまい、生まれて初めて、まああれはいま思えば慕情と呼んで差し支えあるまいなあ。そんなものを覚えたのである。

 

そこで、ボクはなにをしただろうか。

 

男に、3分独りきりにさせてくれ、と申し出て、なんとか美術準備室から出て行ってもらった。もともと強情な男なうえ、このときは特に受験が近かったために中々出て行ってくれなかった気がする。しかし、拙者は白い女に心を奪われていたのでこの男が志望の美術高校に受かろうが落ちようが知るか阿保、ただもう「とっとと出て行けばよいのだこの馬鹿め」と罵って追い出した記憶がある。

 

そうして扉に鍵をかけ、それから窓の暗幕をしっかと閉め、いよいよ誰からの侵入もありえない空間をつくったのである。

 

もう夕刻の美術準備室で、ボクはこのウェヌスを抱擁した。

ひいやりとしていた。彼女の首筋に頬を撫でつけた。生の女の肉体などこの頃は知らなかったが、しかし甘美や甘美。もうこの石膏の女に接吻をしてみたいなどと思うのは摂理、自然な感情であるのは言うまでもない。

 

しかし、接吻と言ったってこの頃のボクは純情少年一号。そんなのどやったらいいのか一向に見当つかなんだので、ただもうおろおろするばかりであった。だが、刻一刻と時間は迫りくるし、扉の外の馬鹿な男といえばいよいよ痺れを切らして扉をバシャリバシャリ叩くし、ええい、ままよ、と唇を押しつけた。硬くもなめらかなその石肌のつめたさ。この口唇の滑ったい感じは人間の唇より勝るのではなかろうか。そこから先はもう雨の接吻。

そしてもちろんここまでやれば、たかが純情少年である。勃起するのは当たり前なので、時間も男も忘れて、やった。

 

 

これはもう、ワタクシの初恋なのである。疑いあるまい?

もし疑われるのであれば、それを証拠に、いまはもうこのウェヌスのことを––––忘れるということはなくとも、愛してはいない。